野球肩の治療法・治し方

野球肩の治療、症状の特徴、リハビリ内容について:野球肩.COMでは野球肩の治療、症状、原因、リハビリに関する情報を専門に解説しております。野球肩とは、継続的に肩へ負担がかかり続けることによって、炎症や痛みを発症する障害です。野球肩は初期段階では、それほど痛みを生じることはありませんが、進行するに連れて痛みも増し、実践競技への復帰も長期的な時間が必要となる障害でもあります。本サイトが野球肩の症状にお悩みの方、また野球肩についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

◆野球肩.comサイトマップ

肩関節のインナーマッスルの構造
 野球肩は、肩関節の周囲に炎症を起こすスポーツ障害のひとつです。野球の投球動作のトレーニングやストレッチに欠かせない言葉にインナーマッスルという言葉がありますが、野球肩ではこのインナーマッスルに炎症を発症するのが大きな特徴…続きを見る

野球肩とは?
 野球肩とは、基本的に慢性的な投球などの動作の繰り返しによって継続的に肩に負担が加わり肩の組織に炎症を…続きを見る

野球肩を発症しやすいスポーツ競技
 野球肩を発症しやすいスポーツ競技として類似する動作をもつ競技の代表は「バレーボールのスパイク動作」「槍投げ、砲丸投げなどの投擲動作」「スイミングのストローク動作」…続きを見る

野球肩の症状の特徴
 野球肩の疑いがある場合は、痛みなどの自覚症状を確認してみましょう。野球肩には以下のような独特の症状が発症します。肩の障害には様々な障害がありますので、以下の症状のみで、野球肩と診断…続きを見る

野球肩を発症しやすい年代
 野球肩を発症するアスリートの大半は、多くの練習量をこなしている傾向にあります。このように、練習量が豊富であることは強豪チームにとっては誇りでもありますが、選手にとってはその練習量が怪我につながる…続きを見る

回旋筋腱板の仕組み
 野球肩に関与する組織として「回旋筋腱板」の存在は欠かせません。この回旋筋腱板とは、肩関節の補強、及び肩関節の円滑な動作の補助を行う…続きを見る

インナーマッスルの損傷で最も多いのは棘上筋
 野球肩障害ではローテーターカフを構成する4つの筋肉の中でも、棘上筋と呼ばれるインナーマッスルが最も損傷を受けやすい傾向にあります。この棘上筋はアウターマッスルである三角筋…続きを見る

野球肩の大半はオーバーユース症候群
 野球肩を発症するアスリートの大半は、多くの練習量をこなしている傾向にあります。このように、練習量が豊富であることは強豪チームにとっては誇りでもありますが、選手にとってはその練習量が怪我につながる…続きを見る

ACSMによるベースボールアスリートの投球規定
 アメリカは日本以上にスポーツアスリートの管理が厳しい事で有名です。メジャーリーグへ移籍した松坂投手が練習で行われる投球数に関しても厳しい投球数制限を加えられ最初は戸惑いを隠せないほど厳しい管理体制が構築…続きを見る

野球肩の治療法
 野球肩を発症してしまった場合の治療方法についてご説明します。野球肩の治療は、基本的に「保存療法」を主体とした治療を実践していく事になります。障害の原因は「使い過ぎ」が主な原因ですから野球肩の治療…続きを見る

野球肩のリハビリテーション
 野球肩を発症してしてしまった場合、通常はしばらく運動をすることが出来なくなります。これは、野球肩は慢性的な疲労が原因である点と、部分的に炎症及び筋断裂を起こしている状態で運動をおこなうとにより症状の悪化をもたらす可能性…続きを見る

野球肩のリハビリ方法
 野球肩のリハビリテーションは、徐々に負荷を高めていく方法で行っていきます。初期段階でのリハビリの主な目的は「関節可動域の確保」が主な目的です。リハビリメニューとしては、肩関節の運動に関与…続きを見る

回復を早める温熱療法の実践
 野球肩のリハビリを開始できる状態にまで回復してきたら、回復を早める手段の一つとして「温熱療法」を行う方法があります。温熱療法とは、簡潔に言えば、炎症を発症していた患部…続きを見る

野球肩の応急処置の実践
 野球肩の疑いがある場合の応急処置方法について見ていきましょう。野球肩の応急処置では、まず最初に行うべき基本的な応急処置として「RICE処置」を基本に治療を実践…続きを見る

少年野球に多い怪我一覧・なぜ?発症原因と予防対策
 野少年野球の子供に多く発症する怪我には幾つかの傾向がありますが、打撲などの突発的に起こるコンタクト系障害と、疲労の蓄積や崩れたフォームの問題が原因となって発症…続きを見る

肩の痛みが長期間治らない|1ケ月・3ヵ月・半年続く場合
 野球肩は基本的に治療に一定の期間を必要とする肩関節の障害です。一時的に痛みが軽減してはまた痛みが再発するという経過を繰り返すことも多く、なかなか完治が難しい疾患…続きを見る