野球肩の治療法・治し方

野球肩の治療、症状の特徴、リハビリ内容について:野球肩.COMでは野球肩の治療、症状、原因、リハビリに関する情報を専門に解説しております。野球肩とは、継続的に肩へ負担がかかり続けることによって、炎症や痛みを発症する障害です。野球肩は初期段階では、それほど痛みを生じることはありませんが、進行するに連れて痛みも増し、実践競技への復帰も長期的な時間が必要となる障害でもあります。本サイトが野球肩の症状にお悩みの方、また野球肩についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

野球肩を発症しやすいスポーツ競技について

 野球肩を発症しやすいスポーツ競技として類似する動作をもつ競技の代表は
●バレーボールのスパイク動作
●槍投げ、砲丸投げなどの投擲動作
●スイミングのストローク動作
 などの動作があげられます。

 これらの競技アスリートにも野球肩と同様の障害が多く発症する傾向にあります。

 肩関節は、様々な筋肉、腱が絡み合っており、これらの筋肉、腱を集める
●筋腱板(きんけんばん)
 と呼ばれる組織に障害を発症するケースが多く、重度になると
●腕が上がらない
 などの症状に至るケースもあるので軽視出来ない障害と言えます。

野球肩の症状の特徴について

 野球肩の疑いがある場合は、痛みなどの自覚症状を確認してみましょう。

 野球肩には以下のような独特の症状が発症します。

 肩の障害には様々な障害がありますので、以下の症状のみで、野球肩と診断する事はもちろん出来ません。

 しかし、症状から障害の可能性を検討する事は可能です。

【野球肩の症状】
◆腕の回旋動作の違和感を感じる
◆腕を引き上げる際に肩関節に鈍痛を感じる
◆ストレッチ時に異音を発する
◆運動のし始め時に痛みを発する
◆肩のツッパリ感覚がある

 以上が基本的な初期症状となります。