野球肩の治療法・治し方

野球肩の治療、症状の特徴、リハビリ内容について:野球肩.COMでは野球肩の治療、症状、原因、リハビリに関する情報を専門に解説しております。野球肩とは、継続的に肩へ負担がかかり続けることによって、炎症や痛みを発症する障害です。野球肩は初期段階では、それほど痛みを生じることはありませんが、進行するに連れて痛みも増し、実践競技への復帰も長期的な時間が必要となる障害でもあります。本サイトが野球肩の症状にお悩みの方、また野球肩についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

野球肩の大半はオーバーユース症候群

 野球肩を発症するアスリートの大半は、多くの練習量をこなしている傾向にあります。

 このように、練習量が豊富であることは強豪チームにとっては誇りでもありますが、選手にとってはその練習量が怪我につながるケースもあります。

 その代表的疾患がオーバーユース系の障害です。

 オーバーユース症候群とは、使い過ぎ症候群とも呼ばれ、頻度の使用によって関節や筋肉、腱組織がダメージを蓄積することによって発症する障害です。

 特にまだ体が形成段階にある児童などは、オーバーユース系生涯を容易に発症する傾向にあります。

 アメリカのリトルリーグでは、このようなオーバーユース系障害の発生を未然に防止する措置として
●投球数制限
●インターバル規定
 が年齢別に定められております。

ACSMによるベースボールアスリートの投球規定

 アメリカは日本以上にスポーツアスリートの管理が厳しい事で有名です。

 メジャーリーグへ移籍した松坂投手が練習で行われる投球数に関しても厳しい投球数制限を加えられ最初は戸惑いを隠せないほど厳しい管理体制が構築されております。

 前項でお話した、リトルリーグに関してもアメリカではACSMの見解を参照に
●12歳以下のアスリートは85球
●10歳以下のアスリートは70球
 という投球数制限規定が設けられております。

 また、インターバル規定に関しては
●21球以上の投球をした場合は1日
●46球を超える投球数に達したピッチャーは2日間
 のインターバルを設けることも規定に組み込まれております。

 これらの規定は、アメリカスポーツ医学会が目安として発表している数値を組み込んだものです。

 近年では、野球の投球規定など、アスリートのオーバーユース系障害を未然に防止する取り組みが様々なスポーツで取りいられるようになってきております。