野球肩の治療法・治し方

野球肩の治療、症状の特徴、リハビリ内容について:野球肩.COMでは野球肩の治療、症状、原因、リハビリに関する情報を専門に解説しております。野球肩とは、継続的に肩へ負担がかかり続けることによって、炎症や痛みを発症する障害です。野球肩は初期段階では、それほど痛みを生じることはありませんが、進行するに連れて痛みも増し、実践競技への復帰も長期的な時間が必要となる障害でもあります。本サイトが野球肩の症状にお悩みの方、また野球肩についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

◆少年野球に多い怪我

 野球選手に限らず、どんなスポーツ競技であってもスポーツアスリートに怪我はつきものです。

 今回は野球選手、中でも少年野球を実践中の子供に特に多く発症する傾向のある怪我について見ていきましょう。

 少年野球の子供に多く発症する怪我には幾つかの傾向がありますが、打撲などの突発的に起こるコンタクト系障害と、疲労の蓄積や崩れたフォームの問題が原因となって発症するオーバーユース系障害に分類することができます。

 突発的なコンタクト系の怪我の代表は突き指や捻挫、打撲、骨折が圧倒的に多く、これらは怪我の発症割合の大半を占めますが、どんなに対策を講じても完全に防止する事は不可能です。

 ですからスポーツを続ける限り突発的な怪我の発症リスクは常にあると理解し、怪我の応急処置をしっかり学習しておく事が重要です。

 対して疲労の蓄積が原因となって発症するオーバーユース系障害の場合は早期対処で症状の緩和や復帰までの期間を短縮化する事が可能となります。

 オーバーユース系障害を発症する場合は必ず子供から合図が出されているので指導者や保護者は子供たちが発する合図を見逃さないように注視しながら日々の練習に取り組ませることが大切であると言えます。

少年野球に多い怪我の分類

 また筋力がまだ弱く、かつ成長期とも重なるこの時期は栄養面の問題が原因となっているケースもあるので複数の視点で怪我の回復に取り組む必要があります。

◆代表的な野球肘・野球肩

 野球肘や野球肩はその名称からも解る様に野球選手に発症しやすい怪我の代表格であるとも言えます。

 イメージ的には投手に多く発症すると思われがちですが野手であっても発症するアスリートは多くいます。

 軽微な痛みを伴う肩や肘の一時的な痛みは多くの野球選手が体験しますが、実際に怪我に至る場合は練習のやり過ぎ、患部に過度な負担が長期的かつ継続的に加わってきたことが主な原因です。

 野球肩の治療は長期化しやすいので可能な限り早期発見し早い段階で治療を開始したいものです。

【参照記事】
野球肩の治療は、基本的に「保存療法」を主体とした治療を実践していく事になります。野球肩の場合は障害の原因は…
⇒野球肩の治療の実践

 尚、崩れたフォームでの投球動作など筋肉や関節に負担のかかる動作を継続的に行った場合も肩や肘への負担から怪我の発症につながる為、少年野球の指導者は正しいフォームの習得が出来ているか終始チェックしながら指導を行っていく事が大切です。

◆突き指・腕の骨折

 少年野球で最も多く発症する怪我の代表は突き指です。

 突き指はボールをキャッチする際に発症しやすい傾向がありますが、選手同士の交錯やベースランニング中のスライディングなどあらゆる状況下で突発的に起こる為、予防対策が難しいスポーツ障害の代表でもあります。

 発症しやすい関節は指先の末端部の「DIP関節」と中間にある「PIP関節」が大半を占めます。指の付け根にある「MP関節」は簡単に突き指しないものの、もし発症してしまった場合は怪我の完治までの期間に長期間を有する事が多く最も治りにくい関節であると言えます。

【参照記事】
突き指が発症する可能性のある指の関節は、基本的に3つの関節です。(親指のみ2つの関節)指関節の治療を行うためには、まず各種の関節を把握しておくことが大切です。
⇒指関節の構造図

 また、少年野球では腕の骨折も比較的多く、件数だけで言えば野球肘や野球肩などの広く知られている野球特有の障害よりも圧倒的に多く発症します。

 特に成長期の子供はまだ骨が完成していない状態でもあるため、軽い転倒であっても地面につく腕の角度次第では簡単に腕にひびが入ってしまいます。

 その為、転倒などで軽い怪我に見える場合でも地面へ腕をついた事が原因で痛みを訴えてくる場合は必ず病院の診察を受けるようにしましょう。

◆椎間板ヘルニア・腰椎分離症

 小学生・中学生の野球少年に比較的多く発症する障害のひとつに腰の怪我あります。

 子供が腰に痛みを訴えてくる場合は、既に炎症を発症している状態ですから練習は基本的に休み、痛みが取れるまで安静にしておく必要があります。

 成長期の子供はまだ骨格そのものが完成しておらず筋力も低いため、全身のバランスで足りない部分を補うように運動を行う事が可能です。

 しかし、フォームが崩れていた場合や、一部分に負荷が継続してかかった場合に徐々に炎症が強くなり、大きな怪我に繋がるケースが出てきます。

 16歳程度までの子供の場合は腰椎分離症を発症するケースも多く、一度発症すると完治までに短くても半年以上の期間を有する為、前述したように最初に痛みを訴えて来た初期段階で適切な処置を行えるかどうかが大切になってきます。

 腰の怪我にはその他にも椎間板ヘルニアがありますが、こちらも一度発症すると完治が難しい疾患の代表で疲労が蓄積すると痛みが再発する特徴があります。

 腰の怪我を発症する原因としては、バッティングのスイング練習のやり過ぎや、柔軟性不足、そして拮抗筋のアンバランス(背中の筋肉と腹筋)などが原因となっているケースが大半ですから複数の視点から症状を見極め早い段階で予防対策を実践していく事が大切です。