野球肩の治療法・治し方

野球肩の治療、症状の特徴、リハビリ内容について:野球肩.COMでは野球肩の治療、症状、原因、リハビリに関する情報を専門に解説しております。野球肩とは、継続的に肩へ負担がかかり続けることによって、炎症や痛みを発症する障害です。野球肩は初期段階では、それほど痛みを生じることはありませんが、進行するに連れて痛みも増し、実践競技への復帰も長期的な時間が必要となる障害でもあります。本サイトが野球肩の症状にお悩みの方、また野球肩についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

野球肩とは?

 野球肩とは、基本的に慢性的な投球などの動作の繰り返しによって継続的に肩に負担が加わり
●肩の組織に炎症
 を発症する障害のことを指します。

 野球の投手やアスリートに多いことから「野球肩」と呼ばれておりますが、
●投球動作
 に近い肩の動きを強いられるスポーツ競技のアスリートにも発症するスポーツ障害であり、野球肩は肩の関節や肩関節を構成する筋肉群、腱組織、靭帯組織に痛みを生じる怪我の全般的な総称でもあります。

野球肩とは?

 野球肩は成長期の子供からしっかりとした筋肉がついた成人まで幅広い年齢層で症状を発症する可能性があります。

 肩関節(肩甲上腕関節)は腕の可動域が最も広い多軸性関節で構成されており、肩回りは複数の筋肉、靭帯組織が合わさり複雑な動作を可能としております。

 野球の投球動作では、この肩回りの筋組織の集合体である回旋筋腱板と呼ばれるスタビリティ・マッスルが関節の安定性をキープしております。

※スタビリティ・マッスル=関節周りに付着する関節の安定性を保つ働きを持つ筋肉

【参照記事】
ローテーターカフ(回旋筋腱板)は肩関節のインナーマッスルで●肩甲下筋(けんこうかきん)●棘上筋(きょくじょうきん)●棘下筋(きょくかきん)●小円筋(しょうえんきん)…
⇒回旋筋腱板の構造図

◆野球肩を発症しやすいスポーツ競技について

 野球肩を発症しやすいスポーツ競技として類似する動作をもつ競技の代表は
●バレーボールのスパイク動作
●槍投げ、砲丸投げなどの投擲動作
●スイミングのストローク動作
 などの動作があげられます。

 これらの競技アスリートにも野球肩と同様の障害が多く発症する傾向にあります。

 肩関節は、様々な筋肉、腱が絡み合っており、これらの筋肉、腱を集める
●筋腱板(きんけんばん)
 と呼ばれる組織に障害を発症するケースが多く、重度になると
●腕が上がらない
 などの症状に至るケースもあるので軽視出来ない障害と言えます。