野球肩の治療法・治し方

野球肩の治療、症状の特徴、リハビリ内容について:野球肩.COMでは野球肩の治療、症状、原因、リハビリに関する情報を専門に解説しております。野球肩とは、継続的に肩へ負担がかかり続けることによって、炎症や痛みを発症する障害です。野球肩は初期段階では、それほど痛みを生じることはありませんが、進行するに連れて痛みも増し、実践競技への復帰も長期的な時間が必要となる障害でもあります。本サイトが野球肩の症状にお悩みの方、また野球肩についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

野球肩の治療法・治し方の解説

 肩の回旋運動の際に違和感を感じる、肩の運動を行う際につっぱり感を強く感じる、などの症状を感じる場合は
●野球肩
 を発症している可能性があります。
 野球肩は、同一動作の繰り返しによって、少しずつ肩関節に傷害をもたらす軽視出来ない傷害である点を把握する必要があります。

 野球肩の症状を把握するには、まず肩関節の構造や仕組みを把握しておくことが大切です。
 肩関節がどのような構造で投球動作に関与しているのか?
 なぜ野球肩を発症してしまったのか?
 これらは肩関節の構造を把握することでメカニズムが見えてきます。
 また野球アスリート、特に投手の方は投球動作に関わるインナーマッスルの仕組みについても学習しておきましょう。

肩関節のインナーマッスルの構造

 野球肩は、肩関節の周囲に炎症を起こすスポーツ障害のひとつです。

 野球の投球動作のトレーニングやストレッチに欠かせない言葉にインナーマッスルという言葉がありますが、野球肩ではこのインナーマッスルに炎症を発症するのが大きな特徴です。

 肩関節は多くの筋肉で構成されていますが、その代表的な筋肉は三角筋や大胸筋などの表層部分に見える筋肉です。

ローテーターカフ(回旋筋腱板)

 しかし野球肩障害でポイントとなる筋肉は、更に深層にあるインナーマッスルであるローテーターカフ(回旋筋腱板)と呼ばれる筋肉群です。

 図を見ても分かるとおり、ローテーターカフの構造は複雑でこれらの筋肉が協力し合いながら投球動作に必要な上腕の外旋、内旋などの動作を可能としております。

 野球を実践しているスポーツアスリートの場合は、このローテーターカフを構成する「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」この4つのインナーマッスル名は覚えておくと良いでしょう。